知っていると購入するときに役に立つ!新築住宅の雑学や豆知識をまとめてご紹介!

このサイトでは、新築住宅に関するさまざまな情報を紹介しています。
知っていると購入するときに役に立つ、雑学や豆知識なども、このサイトではまとめて紹介しています。
建売と注文住宅では特徴が異なることもこのサイトでは紹介していて、どちらを購入すれば良いかわからなくて迷っている人も参考にできます。
新築の住宅の性能に関わる工法や構造についての情報もこのサイトでは紹介していて、どのような工法を使用して家が作られているのかを知ることができます。

知っていると購入するときに役に立つ!新築住宅の雑学や豆知識をまとめてご紹介!

新築住宅をこれから購入したい人は、雑学なども知っておけば購入する際の参考にできます。
新築住宅の性能に関する雑学なども、これから購入を予定する人が知っておいた方が良い情報です。
暮らしやすさに関係する家の性能の雑学として紹介できるのは、住宅の断熱性に関する情報です。
外部の気温の影響を受けにくい住宅の方が暮らしやすいですが、外部の気温の影響を少なくするためには、壁の厚さだけでなく、窓の設計も重要も重要なポイントになります。

新築住宅が完成するまでの具体的なスケジュール

新築住宅を建てたいと考えた時に気になるのが、その期間です。
実際にどれくらいの期間で建てられるのか、具体的にいつまでに建てたいと決まっている場合は、あらかじめその旨を伝えておくと、ハウスメーカーや工務店、設計事務所の人がいつまでにどうすれば良いのか、具体的なスケジュールを教えてくれます。
一般的な2階建てや3階建ての新築住宅を建築すると考えた場合は、土地がある場合は間取りやプランを決めるのに最低でも1ヶ月から2ヶ月はかかります。
プランが決まってから本契約となる場合が多いので、本契約をしてそこから設計図書を作成し確認申請を行い、許可が下りるのに地域差はありますが、数週間から1ヶ月半ほどが必要です。
そして着工から完成・引き渡しまで、建物の規模にもよりますがだいたい半年くらいはかかります。
年初めから取り掛かれば年末には完成するでしょう。
ただし、土地がまだ見つかっていない、購入した土地の地盤が弱い場合などは地盤改良をしたり、土地に既存の建物がある場合は解体工事をするなどの期間も必要になってくるので、その期間も考慮する必要があります。

新築住宅の購入で必要になる費用の相場

家族全員で安心して暮らせるマイホームを手に入れるということは、多くの方が抱いている夢でしょう。
昨今では大手ハウスメーカーでは大規模な宅地造成を実施しており、新築住宅を建て売りで手に入れやすくなりました。
土地と家屋が自分のものになるということは、確かな資産を手に入れることにもつながります。
親から子へと譲り渡す資産としては最高の条件を備えています。
そこでここでは、新築住宅を購入するのに必要な費用相場を見ていきましょう。
東京であれば約4500万円となっており、二階建ての延床面積が50平方メートルです。
なお、土地価格は地方に行くほど費用が安くなるため、少しでも購入相場を下げたいという場合は郊外で新築住宅を買い求めるのが望ましいです。
新築住宅のなかには注文住宅というものもあり、この場合は設計デザイン費も別途必要なのでさらにコストが高くなる傾向です。
まず購入を決めるときは、ご自身の年収を考慮する事が大切になります。

新築住宅を購入するために用意しておきたい自己資金

分譲でも注文住宅でも、新築住宅を購入するなら用意しておきたいのは自己資金です。
近年は頭金なしでも購入できる新築住宅は増え、以前に比べればマイホームも手に入れやすくなりました。
しかし頭金なしで新築住宅を手に入れようとすると、資金計画は厳しいものになります。
頭金ありの場合と同程度の価格帯なら、住宅ローンの返済が重くのしかかりゆとりのある生活ができません。
楽に返済ができる価格帯まで下げると、今度は妥協しなければいけない点がいくつも出てきてしまい、理想の住まいを手に入れられなくなってしまいます。
ですからマイホームを買いたいと考えているなら、将来を見越して貯蓄をしなければいけません。
貯蓄をして自己資金を増やしておけば、資金計画にゆとりができて無理にグレードの低い新築住宅を選ぶ必要はありません。
住宅ローンの返済額も減らせて毎月の生活にもゆとりができますから、ストレスなく新しい生活を過ごすことができるでしょう。

新築住宅を建てるときに活用する住宅ローン

新築住宅を購入する際は、大部分の人が住宅ローンを活用しています。
しかしほとんどの人は、どんな予算配分で新築住宅を購入すべきなのかがわかっていないのです。
金融機関の審査を受ける前に、一般的な予算の配分を理解しておきましょう。
まず年収負担率というワードを見聞きしたことはあるでしょうか。
これは年収に占める年間返済額の割合のことになります。
新築住宅では、この負担率が20パーセントから25パーセントの範囲内にして住宅ローンを組むことが推奨されているのです。
具体的な数値で計算してみましょう。
年収600万円の会社員がいたとします。
固定金利が1.5パーセントで35年間返済するプランを選択すると、年収負担率が20パーセントの場合は借入の総額が約3200万円で毎月の返済額は約10万円になるのです。
これはボーナス払いはなしで計算しています。
たとえ金融機関が新築住宅のために多額の融資を打診してきたとしても、このパーセンテージと自分の年収をもとにして負担が重くならない返済プランで契約することが重要になるのです。

新築住宅に関する情報サイト
新築住宅のお役立ち情報

このサイトでは、新築住宅に関するさまざまな情報を紹介しています。知っていると購入するときに役に立つ、雑学や豆知識なども、このサイトではまとめて紹介しています。建売と注文住宅では特徴が異なることもこのサイトでは紹介していて、どちらを購入すれば良いかわからなくて迷っている人も参考にできます。新築の住宅の性能に関わる工法や構造についての情報もこのサイトでは紹介していて、どのような工法を使用して家が作られているのかを知ることができます。

Search